霊柩車に使用されている車種

霊柩車は、細かな宗教的装飾が施された宮型霊柩車と、シンプルなクラシックカーのような容姿をした洋型霊柩車が主流です。
最近では宮型霊柩車は目立ちすぎるという声も聞かれるようになり、洋型霊柩車へ移行する傾向が強いようです。

もちろん、各地域での好みも大きく影響していますので、その地域によっては宮型霊柩車が主流の場合もあるでしょう。
さて、この霊柩車で使用されている車種ですが、宮型霊柩車には高級乗用車である、キャデラックブロアムやリンカーンタウンカー、トヨタのクラウンなどが使用されていることが多いようです。

こういった乗用車に棺室を設け、内側にも外側にも宗教的な装飾をしているのです。
また、宮型の霊柩車の場合は加装部分がとても重たいために、かなりの補強が必要なようです。

こういったことも宮型から洋型に移行する要因の一つかもしれません。
一方、洋型霊柩車はトヨタエステートやトヨタクラウンワゴンなどの高級ステーションワゴンを使用してる場合が多いようです。

中には家族も一緒に乗り込める座席を付けられているタイプもあり、こういったワゴン車をリムジン化しているようです。

優秀なクルマはどっち?日本製VSドイツ製

優秀なクルマと言ってしまうと、難しいのが現実です。
優秀と思う部分がユーザーによって異なってしまいますからね。

ドイツ車の良いところは、豪華でパフォーマンスが高く、快適な乗り心地と言われています。
一方、日本車の強みはなんといっても信頼性とコストパフォーマンスです。

壊れにくく、性能が安定している部分では他の国の技術の追随を許しません。
フォルクスワーゲンにオペル、メルセデス、BMW、アウディなど、一度は自分のクルマにしてみたい車のメーカーがずらりと並ぶドイツ製ですが、実際に日本という地域で乗る、所有すると言う点から見ると、小回り・街乗り・多数のストップアンドゴーが多く、正規のディーラーも田舎には少ないので、車を快適に乗りこなす・維持していくのは日本車の方が優れているのではないでしょうか。

基本はその地域に求められているものが反映されている車です。
日本車には日本で乗って・所有して良い部分、ドイツ車にはドイツで乗って・所有することで良い部分と言うのが、引き立てられると思います。

しかし、最終的にはユーザーにとって優秀なクルマかどうかは、ユーザー自身が決めるのではないでしょうか?

方言も?いろいろなカーナビ音声ガイド

方言で車をナビゲイトしてくれるシステムがクラリオンで発売されています。
標準語のほかに関西弁や津軽弁、英語のDJでの案内を選択できるようです。

面白いですし、無機質なナビゲーションの言葉よりも、人間味があって聞きたくなりますね。
ただ津軽弁など独特なイントネーションのものは聞きなれていないと、判断を間違うかもしれませんので、注意してくださいね。

クラリオンではダウンロードボイススペシャルサイトというものが設置されていて、プロゴルファーによるラウンド風ナレーションやレーサーによるレース風ナレーション、俳優による世界ウルルン滞在記風ナレーション、仮想キャラクターである野球部の女子マネージャー・ツンデレ系女医の音声などがダウンロードで無料視聴できるようです。
有料で購入するとカーナビゲーション本体へ取り込むこともできますので、想像しただけでも笑いが止まりません。

標準語のもうすぐ目的地付近です。
の案内が、ナイスオン!目的地まではワンパット圏内ばい。

なんて古閑美保さんに案内されたら、長旅で疲れた車内の雰囲気を一掃できそうですね。

スズキの感想

あまり冒険するような車は作っていないように感じます。
ぱっとサイトを見ても、軽自動車も普通車も見た目にそれほどの差がありません。ですが、サイト自体が見やすいですし、一台一台を十分に説明しようという丁寧さが伝わってきます。細部の画像、収納スペースの画像もきちんと載せてくれていますので、見る側としては細かい情報まで視覚的に判断することができるので非常に便利なサイトです。
デザインでは冒険をしていませんが、カラーは割と派手目な色が多いと思いました。目立つのはいいですが、そのカラーとデザインが合っていない車も少しあったので、カラーとデザインを合わせて考えてほしいと思いました。
ラパンなど、女性向けに作った車が可愛らしさがでています。この名前もすぐに覚えられますし、見た目も可愛いので女性には人気があると思います。他社も同じように女性向けの車を出していますが、ラパンは名前・見た目・カラーのすべてがマッチした車なので女性向けの車としては完璧だと思います。まだ、男性向け、家族向けの車は迷走しているのかな、といった印象ですが、この車どんな性能だろうと興味を持つようなサイトになっているのでいいと思います。

ジムニークロスアドベンチャー

少しレトロ感のある外見の割には冒険に出る車だな、と思いました。トップにでこぼこの道の上にある車を持ってきているので、完全にアウトドア向けの車だなと。私はこういった車も好きですし、特にこのクロスアドベンチャーは見た目も可愛らしいと思います。
二人乗りなのですが、二人乗りとは思えないくらいの容量の良さ。少し残念なのは内装でしょうか。あまりこだわりを持っていないように思えます。もう少し内装のデザインに力を入れてほしいところ。アドベンチャー向けですので、使いやすさ重視ですね。しっかりと、少しのことでは壊れないように頑丈に作られていそうですが、外見からはあまり伝わってきません。カラーはホワイトが一番好きですが、ブラックと比較すると印象が変わります。ブラックですと完全にアウトドア向け、男性向けのようですが、ホワイトだとアウトドアが好きな女性向けといったような雰囲気に変わります。あまり外見がいかつい感じではないので、カラーによって自分好みに変えるのがいいと思います。収納スペースもよく、荷物が多くても大丈夫そうですが、二人以上には対応できないところが厳しいですね。コンパクトな作りなので仕方ないとは思いますが。

スイフトスポーツ

初めてこんな黄色を全面に出した車を見ました。あまり見ないカラーだと思うのですが、どうなのでしょう。私が知らないだけでしょうか。
実際に見たら派手に見えると思うのですが、分かりやすいですね。決してイエローだけがカラーなのではなく選べるのですが、この色をトップに持ってきてるということは、この色を押しているということでしょうか。
見た目のデザインは嫌いではありません。内装もいいです。ハンドルの形がいいですね。今までのスズキの車のハンドルのようなシンプルさに少し工夫を加えた形が気に入りました。
メーターも見やすいですし、サイドブレーキの形もいいです。黒を基調にしていますが、所々に赤が入っています。アクセントになっていいと思います。見た目がすごい車ですが、内装はシックな形にしているところがいいです。見た目とのギャップが激しい車だなと思いました。
ただあまり収納スペースがないですね。大きな荷物、家族の人数が多い人には向いていないです。そういった目的では作られていないようなので大丈夫かと思いますが、荷物を載せられる箇所が少ないのは気になります。そこまでコンパクトではないと画像では思ったのですが、思いのほかコンパクトに作られている車なのかもしれません。