車買取で折り合いがつかない場合

車を売却しようと考え、車買取事業者に度々見積もりを依頼しても、なかなか納得することができないということはよくある話です。どのような努力をしても、ピカピカに磨いてみても、なかなかいい値段が付かない。どの車買取事業者に依頼しても、納得のいく金額が提示されないということはよくあります。そのような際には、ずっとその車を所持し続けるという選択肢が可能であればそうすればいいのですが、「必ず手放さなければならない」という場合、どこかで折り合いを付けることも大切です。

もう車を所持しない場合、その売却で得られる金銭的な恩恵というのは額面の買取金額だけではありません。駐車場の費用、そして年間の税金、車検の費用、それらが「浮く」のです。ですから、「不要になった車」を手元に置いておくだけでも、それは「コスト」になってしまうのです。車買取事業者が提示した金額に納得できなくても、それら節約できる分の金額を加味すれば、売却によって得られる経済的な恩恵がわかります。

他にも業者の評判を調べてみるというのも良いかもしれません。

一番ムダなのは、乗らないのに所持し続けることです。車イコールコストと同じですから、コストがかかるものをずっと所持し続けるということがどれだけ無駄かということを考えればいいのです。

買取金額は一時金です。それにばかり意識を向けてしまうと、なかなか売却が成立しないという
ことにもなりかねません。年間通して長期的にいくら費用が節約できるのかということを考えるべきです。

あの車のCMを見て買いたくなってきた

テレビのCMというのはあまり気にしていないのですが、デイズのCMを見た時に、この車欲しいなぁと思ったことがあります。
私の家は日産の販売店との付き合いが多いので、日産の方から結構勧められることもあるのですが、それを差し置いてもこの車は良いなと思っています。

何よりもスタイルと機能性が優れていますよね。
ありがちなワゴン車という感じですが、丸っこいデザインが何とも言えません。

こうしたワゴン車は大好きですし、これに最新技術が搭載されているとなると最高のものだと思ってしまうのです。
日産が誇る最高の技術を搭載し、燃費や運転のしやすさまで完備しています。

こうした車は1度乗ってみたいと思っているのですが、もう少し安くなってくれないかという気持ちもあります。
車のCMは自分なりに良い車を見つけられるいい機会でもありますから、なるべく見るようにはしています。

今乗っている車もそろそろ駄目なので、買い替えというものを考えなければなりません。
参考材料はやはりCMなのです。